初夏について|東京都北区の遺品整理、ごみ屋敷清掃はライスビレッジにお任せ下さい

query_builder 2023/05/23
不用品回収生前整理空き家ゴミ屋敷買取

ライスビレッジの石橋です。
本日は「初夏」について書かせていただきました。
お時間がありましたら是非読んで頂けると幸いです。

5月下旬になり、少しずつ暑さを感じ始めましたね。
早い人ではエアコンや扇風機をつけるご家庭もあるのではないでしょうか?
初夏という言葉をよく使いますが具体的にどのような意味となってるのでしょうか…?
初夏とは、字の通りに夏の初めの事で、夏を三等分した呼び名であり、概ね立夏(5月5日ころ)から梅雨入りまでの期間のことをいいます。
参考までですが最高気温が35℃以上の日を猛暑日、30℃以上の日を真夏日、25℃以上の日を夏日、0℃未満の日を真冬日といいます。
最低気温が0℃未満の日を冬日といいます。
暑さを感じたの5月17日(水)。全国的に気温が上がり、西日本、東日本を中心に250地点以上で真夏日になりました。
岐阜県揖斐川町では35℃を超え、全国で今年初めての猛暑日を観測しています。
いきなりですが、ブログを読んでくださっている方!
お願いがあります!
少しだけライスビレッジのこと知ってください。
親戚、ご友人、お知り合いに不用品回収、遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷、空き家、片付けを必要としている方いらっしゃいませんか?
些細なことでかまいません。一度、相談してみませんか?
必ずお客様のお力になれるよう頑張ります!


引き続き初夏について続きを書いていきます。
暑くなってくると冷えた飲み物がより一層、美味しく感じますよね!
外で働く時はどんなことに気をつければいいのか私なりにまとめてみました。
直射日光をさえぎる。
(帽子をかぶる、可能であれば作業場所に屋根や日除けをつけるなど)
休憩所を設け、こまめに休憩を取る。
身体を適度に冷やせるグッズや設備を利用する。
(氷、冷たいおしぼり、水風呂、シャワーなど)
水分・塩分を定期的に補給する。
(自覚していなくても、脱水症状に陥っている場合があります)
吸湿性や通気性がよい素材の服を選ぶ。
できるだけ1人で作業しないようにする。
(周囲の人が変化に気付くことができる環境づくりも、予防の1つです)
一番大事なのは無理をしないことです。
私たちライスビレッジも暑い野外での作業が多いので暑さには十分に注意しながら不用品回収や遺品整理などしたいと思います。
暑い夏でも私たちライスビレッジはメリハリをもってテキパキと作業します!
暑い時期だからこそライスビレッジに不用品回収、遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷、空き家、片付けの依頼してみませんか?


私たちライスビレッジは東京都北区を中心に活動し若く経験豊富なスタッフが、お客様に寄り添いながら日々一生懸命仕事に向き合っています。
遺品整理、ゴミ屋敷清掃をはじめ生前整理や不用品回収などといった業務をこなし、買取などの業務も行っています!
そのようなお困りごとがございましたら是非ライスビレッジまでご相談ください!


----------------------------------------------------------------------

ライスビレッジ

住所:東京都北区赤羽台2-2-24

----------------------------------------------------------------------